MENU

耳鳴りが発生するメカニズムとは

耳鳴り

 

耳鳴りには「自覚的」と「他覚的」の2種類がありますが、自覚的は自分にしか聞こえない音で他覚的は他人にも聞こえる症状になります。

 

ただし一般的な症状は自覚的なものが大半を占めていて「キーン」や「ゴー」といった音が聞こえる場合が多いです。

 

原因としては明確に解明されている訳ではありませんが、外耳から中耳、内耳、脳へと伝わるので音が伝わるので、その過程に原因が潜んでいると考えられます。

 

具体的には、外耳から集めて鼓膜を振動させます。それは中耳から内耳へと伝わり、内耳の振動を電気信号へと変換して脳へと伝えます。

 

耳から脳へと伝わる信号が少なくなると脳が感度を上げようとして、本来では受け取る必要がない電気信号まで脳へと伝えてしまい耳鳴りを引き起こすと考えられています。

 

ちなみに他覚的の場合には血液の流れなどが原因となり発生しますので、聴診器などで医師が診察すると患者さんが聞こえるものが医師にも聞こえるようになります。

耳鳴りが発生する原因とその要因

耳鳴りは外耳から中耳、内耳、脳へと伝わる過程で何かしらのトラブルが発生していると考えられますが、ではどのような要因が考えられるのでしょうか見ていきましょう。

 

まず考えられる要因として多いのが自律神経の乱れが挙げられます。自律神経が乱れると耳から脳へと送られる電気信号が過剰になり発生すると考えられます。

 

次の要因としては耳に異物が入っている事ですが、当然耳の中に異物が入るとそれが動くたびに聞こえることになります。一般的には耳垢が原因となる事が多いですが、中には虫が入って聞こえるケースもあります。

 

次に若い人に多いのがイヤフォンやヘッドフォンで歌を聞いている場合です。その場合には内耳の細胞が傷ついてしまい聞こえることがあります。

 

この他には突発性難聴や老人性難聴、中耳炎、メニエール病、脳腫瘍や脳内出血などの脳の病気によっても発生することがありますので治療を行う際は、まずは原因を突き止めることが先決となります。

耳鳴りが発生した時の対処方法とは

耳鳴りは耳の疾患や脳の疾患であれば正しい治療を行う事で改善することができますが、はっきりとした病原が見つからない場合には病院での治療でも完治させることは非常に困難です。

 

そんな病原が見つからない場合には自律神経の乱れなどが考えられますが、その場合には生活習慣に気を付けることで改善することができるかもしれません。

 

例えばストレスを溜め込むと様々なトラブルを引き起こしますので、意識的に解消するようにしてください。運動をする事や散歩をする事でもストレスが解消されて症状も軽減する可能性があります。

 

同様に質の良い睡眠もストレスを解消することができますので、寝る直前にはテレビやパソコン、スマートフォンの使用を控えて、部屋を暗くして寝るなどの工夫をすると良いでしょう。

 

また耳鳴りは血流の流れが悪いことでも起こる可能性があるので、血流を良くする食生活や運動、入浴なども効果的です。

 

このように病原が見つからない場合には、これらの方法で対処できますが初めは病院で検査をして病原がないかを調べる必要があります。

 

蜂の子サプリで耳鳴り改善