MENU

耳に異常がないか、耳の機能を調べる検査

耳鳴り

 

耳鳴りの中には耳の機能そのものに異常がある場合があります。そこで正しく耳が働いているか調べていく必要があります。

 

「耳管機能検査」は、中耳と鼻を繋いでいる耳管の開閉機能を調べます。耳管が閉じたままだったり、開いたままになっている場合は、これによって判断することができます。

 

「耳管通気法」は、耳管に空気が通るか調べます。耳管が詰まっていると耳鳴りが起きるため、鼻から耳管に向けてカテーテルを通し、耳管が詰まっていないかを調べます。

 

「ティンパノグラム」は、耳の中に空気圧をかけ、鼓膜が正しく振動しているかを調べます。ヒトは鼓膜が振動することによって音を把握しています。もし鼓膜が正しく振動していない場合、「中耳炎」や「耳硬化症」によって鼓膜が硬くなっている恐れがあります。

 

また、耳鳴りが症状として現れている人の多くは音が聞こえにくくなっている場合が少なくありません。そのため「オージオメーター」を使用し、どの程度の周波数が聞き取れるかも調べます。

原因追及のために行われる画像診断

耳鳴りは血管によって神経が圧迫されて起こることも少なくありません。そこで行われるのが、画像診断です。

 

例えば耳や骨の異常が原因と考えられる場合には、「X線」が行われます。一方、前庭神経に腫瘍ができた場合や、脳血管によって神経が圧迫されている場合には、血管や神経を映す必要があります。その場合には「CT」や「MRI」が行われます。

 

画像診断を行う最も大きなメリットは、目で見て原因が分かるという事です。もしこの方法で原因が分かれば、そのまま治療に移ることができます。例えば腫瘍ができている場合は放射線によって小さくする必要がありますし、血管が神経を圧迫している場合は血管を離れさせる必要があります。この方法で原因が分かれば、明確な治療法が見つかることになります。

 

逆に画像診断で原因が分からず、耳の働きにも問題がない場合は、神経や血液の流れの問題となります。その場合は薬やマッサージ等によって治療を行う必要があるため、治療の方向性を決める為に重要な方法となります。

症状の程度を把握するために行われる検査

耳なりはほとんどの場合、患者本人にしか聞こえていません。そのため、どの程度の症状なのかは患者にしか分かりません。そのため、医師はどの程度症状があるのかを把握するために、客観的に症状をとらえるための検査を行います。

 

「ピッチマッチ検査」は耳鳴りで聞こえてくる音の周波数を調べるものになります。様々な周波数や雑音を流し、どの周波数が今患者が感じている耳鳴りに近い音なのかを探ります。

 

音の高さを把握した後行われるのが、「ラウドバランス検査」です。これは先ほど選び出した周波数の音を一番小さい段階から少しずつ大きくしていき、最も患者自身が感じている耳鳴りに近い大きさの音を選び出していきます。

 

こうして患者自身が感じている音の高さ、音の大きさを機械で出していくことにより、客観的に状態を把握することが可能となります。また、こうすることによって医師も患者の状態をしっかり把握することが可能となります。