MENU

更年期の巡りの悪さが耳鳴りを誘発

耳鳴りの原因の中には、耳の器官に炎症が起こっていたり鼓膜に異常があるなど検査ですぐに突き止められるものもありますが、多くの場合、確たる原因が不明のまま、ストレスや自律神経失調症などの要因が疑われます。

 

自律神経の不調は、更年期の女性の場合、ホルモン分泌量が低下することでホルモンバランスが乱れ、血液やリンパ液の循環にも悪影響を及ぼし、それらが自律神経の調子も乱れさせることで、全身にさまざまな深い症状を招いてしまいます。

 

耳鳴りやめまいもその不調の一環であることが多く、更年期障害によって滞りがちになった全身の巡りを促し、自律神経のバランスを整えることで、改善に導くことが期待できます。漢方薬の中には、さまざまなアプローチから体質改善を促し、耳鳴りにも効果が見込める配合のものがあります。

 

同じ効能を持つ薬でも体質によって処方が変わりますので、漢方医の診察を受け体質に合った薬を処方してもらうことが大切です。

全身の巡りを改善する効果が期待できる漢方

漢方の考え方の根底には陰陽思想があり、陰と陽のバランスが健康にも深いかかわりを持つと考えられています。人の体質も陰である虚証、陽の実証に分けられ、同じ効能を求める場合でも体質の違いで薬の処方を変え、体調によっても選び方を変えます。

 

体質に合った薬を服用するためにも、医師に脈診や舌診によって体質を見極めてもらうことが大事です。更年期障害が悪化しがちな人は、虚証タイプが多いと言われ、冷え性で顔色が悪く、胃腸の調子を崩しがちなため、免疫力も低下しがちです。

 

虚証の巡りを整える漢方薬で、更年期の諸症状にも良いとされるのが、加味逍遥散や桂枝茯苓丸です。

 

これらはドラッグストアなどで市販の薬も販売されていますので、冷え性がひどく明らかに虚証と思われる人は、しばらく服用して体質改善を試みるという方法もあります。

 

耳鳴りに特化していち早い効果を狙う場合は、桂枝加竜骨牡蛎湯や柴胡加竜骨牡蛎湯もありますが、より良いものを選びたい場合は、医師から処方を受けるほうが確実です。

耳鳴りと共にめまいにも悩む人に向く薬

更年期障害ではない人も過度のストレスや無理なダイエットによって自律神経を乱して、耳鳴りやめまいなどの症状が出ている人も少なくなく、実証の体質を持つ人も自律神経のバランスを整える必要性が高まっています。

 

 

虚証の人にも良い柴胡加竜骨牡蛎湯は、実証体質の人にも良い効能をもたらすとされ、強いイライラを鎮め、神経をリラックスさせることで不眠やうつの改善にも役立つとされています。防風通聖散も実証向けで、中耳炎の改善にも効能を持つとされることで、耳鳴りの解消も期待できる薬です。

 

 

虚証向けとされる釣藤散も、耳の不調はもちろん、めまいや頭痛、肩こりの改善が期待できるとされてます。同じ効能を持つ薬が多いだけに、虚証か実証か、その時の体調はどうかなど、さまざまな要因で最も適した薬が変わってくるという面がありますので、少しでも早い改善を目指すためには、自己判断のみではなく、医師の診断を受けることが重要となってきます。