UFT(Unified Functional Testing)Automation Framework

関数ライブラリ-作成された関数またはサブプロシージャがこのフォルダに追加されます。 関数は、再使用可能でアプリケーションに依存しないように作成されます。 ライブラリは、現在の日付と時刻、スクリーンショットをキャプチャし、webとwindowsアプリケーションの両方のための指定されたファイルパスに保存する機能との一意の番号の生成のようないくつかの一般的な機能で作成されています。

回復シナリオ-アプリケーションは、テストスクリプトの実行中に、テスト実行エラー、ポップアップウィンドウ、オブジェクトの状態によるエラーなどの予期しないエラーをスローする可能性があります。 回復シナリオは、テストを回復し、テストの実行を継続するために使用されます。 復旧シナリオは、実行を中断するトリガーイベントと、そのトリガーイベントが発生したときに実行する必要なアクションを指定することによ 中断から回復されたときにテストの実行を継続するために、回復後のアクションが提供されます。

Repository-Web要素は、共有オブジェクトリポジトリにオブジェクトとして格納されます。 共有オブジェクトリポジトリは、複数のテストまたはアクションで使用されます。 リポジトリ名は、識別が容易なページ名としてユーザー定義されています。 各ページのオブジェクトは、それぞれのページの共有リポジトリに格納されます。 これにより、再利用性と保守性が向上します。 これらのリポジトリは、実行時にインポートできるxmlファイルとしてエクスポートできます。

再利用可能-アプリケーションを複数のビジネスフローに分割して再利用可能なアクションを作成します。 要件に基づいて、テストで複数のアクションを作成できます。 これらのアクションは、他のテストで複数回使用できます。 Linear frameworkと比較すると、スクリプトのメンテナンスが簡単です。 これにより、コードの再利用性が向上します。

Script-スクリプトは実行全体を駆動し、マスタードライバスクリプトとも呼ばれます。 再利用可能なアクションは、機能フローに基づいて呼び出されます。 関数ライブラリと共有オブジェクトリポジトリは、いくつかの一般的な関数と検証を実行するために、このスクリプトに関連付けられています。

テストデータ-テストデータフォルダには、テストデータがexcelシートとして含まれています。 このシートは、実行全体に必要なテストデータを提供します。 作成されるすべての再利用可能なテストに対して、別々のテストデータシートが使用されます。これらのexcelシートは実行時にインポートされ、テストデータは実行のためにexcelシートから使用されます。 これは、一度にさまざまなテストデータを使用してテスト対象のアプリケーションをテストするのに役立ちます。 ローカルシートとグローバルシートは、テストデータをテストに渡すためにも使用されます。

テストレポート-UFTによって生成されたテストレポートがデフォルトのレポートです。 Reporterを使用して既定のレポートをカスタマイズしました。 テスターが容易にテストが失敗した厳密なステップを識別することを可能にするでき事方法を報告して下さい。 このテストレポートは、チーム全体でエクスポートして共有できます。 それはまた私達がHP ALMに欠陥を加えることを可能にする。 スクリーンショットテストの実行全体の画像やビデオは、ツールのGUIテストオプションを使用してキャプチャできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。