Wikiへの方法

下記のアクセスポイントの詳細でGPRSを手動で有効にすることができます。 この設定の詳細は、Nokia、Samsung、LG、および他のすべての携帯電話に使用できます。
Nokiaの携帯電話の場合は、–settings–connection–Access Points–option–new access point

に移動し、以下の設定の詳細を入力します

手動GPRS設定:

接続名=bnslnet(または何か)
データベアラ=GPRS
アクセスポイント名=bsnlnet
ユーザー名=なし
パスワード=なし
認証=通常

手動WAP設定:

接続名=bnslwap(または何か)
データベアラ=GPRS

アクセスポイント名=bsnlwap
ユーザー名=なし
パスワード=なし
認証=通常

ホームページ= http://wap.google.com

手動MMSの設定:

関係の名前-bsnlmms
データ無記名–GPRS
APN GPRS : bsnlmms
ユーザー名–nil
プロンプトパスワード-いいえ
パスワード-nil
認証-通常
ホームページ–http://bsnlmmsc.in:8514/
電話のIPアドレス–自動
プロキシサーバーアドレス–10.210.10.11
プロキシポート番号-10.210.10.11
– 8080

ノキアのために3650, 3660, 6600, 6630, 7650, E50、E61、N70、N73、

bsnlwap設定:

1. メニューボタンを押します。 サービスまでスクロールし、選択を押します。
2. 左側のオプションボタンを押し、設定までスクロールして選択を押します。
3. デフォルトのアクセスポイントの下で、Optionsを押し、Changeを選択します。
オプションを押し、下にスクロールして新しいアクセスポイントを選択します。
4. 次のキーを入力します。
接続名:bsnlwap
データベアラ:GPRSを選択します
アクセスポイント名:bsnlwap
ユーザー名:nil
プロンプトパスワード:いいえ
パスワード:nil
認証:Normal
ホームページ:http://wap.cellone.in
オプションボタンを押して詳細設定に進みます
5。 詳細設定の下で、次のキーを入力します。
電話のIPアドレス:自動
プライマリネームサーバー、セカンドネームサーバー
プロキシservのために何もキーを入力しないでくださ アドレス:10.220.67.131
プロキシポート番号:8080
6. Homepageを起動するには、bsnlwapがデフォルトのアクセスポイントとして選択されていることを確認します。 [サービス]に移動し、[bsnlwap]を選択し、[オプション]ボタンを押して[ダウンロード]を選択します。 Bsnlwapの使用を開始できます。

bsnlnet設定(GPRS):

1. メニューボタンを押します。 サービスまでスクロールし、選択を押します。
2. 左側のオプションボタンを押し、設定までスクロールして選択を押します。
3. デフォルトのアクセスポイントの下で、Optionsを押し、Changeを選択します。 [オプション]を押して下にスクロールして、新しいアクセスポイントを選択します。: 既定の設定を使用します。
4. 次のキー:
関係の名前:bsnlnet
データ無記名:GPRS
を選んで下さい接点の名前:bsnlnet
ユーザー名:nil
敏速なパスワード:いいえ
パスワード:nil
証明:正常な
ホームページ:google等を好
オプションボタンを押して、詳細設定
に進みます5. 詳細設定の下で、次のキーを入力します。
電話のIPアドレス:自動
プライマリネームサーバー、
セカンドネームサーバー
プロキシservのために何もキーを入力しないでくださ アドレス:なし
プロキシポート番号:0
6. ホームページを起動するには、bsnlnetが既定のアクセスポイントとして選択されていることを確認します。 サービスに移動し、オプションボタンを押してBsnlnetを選択し、ダウンロードを選択します。 Bsnlnet

Bsnlportal settings:

1の使用を開始できます。 メニューボタンを押します。 サービスまでスクロールし、選択を押します。
2. 左側のオプションボタンを押し、設定までスクロールして選択を押します。
3. デフォルトのアクセスポイントの下で、Optionsを押し、Changeを選択します。 [オプション]を押し、下にスクロールして[新しいアクセスポイント]を選択します。[デフォルト設定を使用する]を選択します。
4. 次のキー:
接続名:bsnlportal
データベアラ:GPRSを選択
アクセスポイント名:bsnlportal
ユーザー名:nil
プロンプトパスワード:いいえ
パスワード:nil
認証:Normal
ホームページ:http://wap.cellone.in
オプションボタンを押して->詳細設定
5. 詳細設定の下で、次のキーを入力します。
電話のIPアドレス:自動
プライマリネームサーバー、セカンドネームサーバー
プロキシservのために何もキーを入力しないでくださ アドレス:10.220.67.131
プロキシポート番号:8080
6. ホームページを起動するには、bsnlportalがデフォルトのアクセスポイントとして選択されていることを確認します。 サービスに移動し、”bsnlportal”を選択し、オプションボタンを押してダウンロードを選択します。 BSNLポータルの使用を開始できます。

bsnlmms設定:

1メインメニューからメッセージングを選択し、オプションを押して設定を選択します。
2Multimedia messageを選択し、Optionsを押してOpenを選択します。
3使用中のアクセスポイントを選択->オプション->を押して新しいアクセスポイントデフォルト設定を使用します。
次に、次のように入力します:I)接続名–bsnlmms
ii)データベアラ–GPRS
iii)APN GPRS:bsnlmms
iv)ユーザー名–nil
v)プロンプトパスワード–いいえ
vi)パスワード–nil
vii)認証–通常
viii)ホームページ-http://bsnlmmsc.in:8514/
4オプションを押します–>”詳細設定”を選択10.210.10.11
プロキシポート番号–8080
5mmsを送信するには、メッセージングに移動します–>新しいメッセージを選択します。 Optionsを押して、
Create Message->Multimedia messageを選択します。
テキストにメッセージを入力するか、必要に応じて画像/音声クリップを挿入します。
B番号または電子メールにメッセージを送信します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。